幾原邦彦監督&吾妻サラ役・帝子さんスペシャルインタビュー!①
『さらざんまい』と“つながる”聖地巡礼 <前編>

幾原邦彦監督&吾妻サラ役・帝子さんスペシャルインタビュー!①『さらざんまい』と“つながる”聖地巡礼 <前編>
©イクニラッパー/シリコマンダーズ

フジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜24:55から放送中のオリジナルTVアニメ『さらざんまい』
幾原監督と物語のカギを握るキャラクター・吾妻サラ役の帝子さんがSuperGroupiesに降臨!

帝子さんには、吾妻サラの #アニメバウンド で“聖地巡礼”をしていただきました!
『さらざんまい』と“つながる”聖地巡礼<前編>では物語の舞台である「浅草」の各スポットについてお話を伺いました。

アニメバウンドで「無敵になれる!」

── サラちゃんのアニメバウンドでの聖地巡礼について、感想は?

帝子さん

もともとSuperGroupiesのヘビーユーザーなんですよ(笑)だから、アニメバウンドのこと、もちろん知ってました! 今回、吾妻サラ役として、公式のアニメバウンドでロケ地をめぐることができて、とてもうれしいです。

サラちゃんのアニメバウンドでの聖地巡礼について、感想は?

── サラちゃんのアニメバウンドのポイントは?

帝子さん

サラちゃんの全体的なイメージカラーはピンクと白。ピンクのカチューシャをアクセントにして、白のカットソー。それにピンクのスカートと赤い靴をコーデして、「サラちゃんらしさ」を演出しています。

── 帝子さんにとって、アニメバウンドとは?

帝子さん

日常で嫌なことがあったり、落ち込んだりすることってだれでもあると思うんです。そんなとき、アニメを観て勇気をもらったり、元気づけられたりした経験を持っている人も多いと思います。その勇気や元気をくれたキャラクターを自然に身につけることができるのが「アニメバウンド」。そんなふうに思ってるんですよ。だから、アニメバウンドをすると、なんか「無敵になれる!」っていう感じですね(笑)

── では、無敵になったところで、幾原監督といっしょに『さらざんまい』の“聖地巡礼”をお願いします!

1
キービジュアルのスポットで記念写真!

①キービジュアルのスポットで記念写真!
①キービジュアルのスポットで記念写真!
①キービジュアルのスポットで記念写真!

── 最初に公開されたキービジュアルは、主要キャラたちが吾妻橋のたもとに集まっているシーンですが……。

幾原監督

吾妻橋のたもとですね。吾妻橋の下には、江戸から東京の歴史をつなげている隅田川が流れている。その雄大さにも惹かれました。東京に住んでいると水とか川とかってあんまり意識しないじゃないですか。生活圏に存在している隅田川、そこを舞台にして作品を作るのもおもしろいだろうと思ったわけです。

帝子さん

矢逆一稀くん、久慈悠くん、陣内燕太くんのほかに新星玲央さんや阿久津真武さんもいます。それにケッピもドーンと映ってる。実はここにはサラちゃんいないと思ってたんです…ところがよく見ると、欄干のところにサラちゃんの後ろ姿が!
公開されたときはうれしかったですねえ。とっても幸せな気分でした!

── 幾原監督はどうしてこの風景を最初のキービジュアルに?

幾原監督

吾妻橋のあたりで一番印象に残る風景だったからです。江戸時代からある吾妻橋の赤、川の向こう側には高速道路とモダンなビル。シュールな光景が日常的に存在しているのがおもしろいと思いました。

── 古い雰囲気でありながらも、川を挟んでモダンな風景が広がっている……ですが、キービジュアルの右上をよくみると段ボール箱が浮かんでいる。これもまたシュールですが、この箱は……?

幾原監督

箱の中には、それぞれのキャラの大事なものが入っているといったところです。そのうちにこの箱が、カパゾ──?

帝子さん

そこまで言ったら、叱られません?(笑)

幾原監督

偉い人が叱られるかもね(笑)

古い雰囲気でありながらも、川を挟んでモダンな風景が広がっている……ですが、キービジュアルの右上をよくみると段ボール箱が浮かんでいる。これもまたシュールですが、この箱は……?

2
シュールな光景が日常的に存在している吾妻橋

②シュールな光景が日常的に存在している吾妻橋
②シュールな光景が日常的に存在している吾妻橋

── 吾妻橋は江戸時代からある古い橋ですが、そこから感じ取れる歴史の重みのようなものが物語にとって重要だったとか?

幾原監督

古い歴史と現代の融合。吾妻橋の周囲にはそれを象徴するような光景がたくさんあります。あとはディテールの部分なんですが、吾妻橋を訪れた際にぜひ探してもらいたいのが赤い欄干部分です。

── と、いいますと?

幾原監督

三つ巴が描かれているんです。三つ巴は太鼓などにも描かれていますが、三つの魂がぶつかり合っているという霊的な意味を持っています。『さらざんまい』の主人公はカッパになった3人の少年です。3人の妖怪と三つ巴。モチーフとしておもしろいかなと思っています。

帝子さん

三つ巴は、「アサクササラテレビ」のモチーフにもなってるんですよ。そのあたりも、しっかりチェックしてくださいね!

3
隅田川を挟んで存在する異なる景色

③隅田川を挟んで存在する異なる景色
③隅田川を挟んで存在する異なる景色
③隅田川を挟んで存在する異なる景色

── PVでは燕太が一人でサッカー練習している場面も印象的でしたが……。

幾原監督

燕太がサッカーをしているのは、吾妻橋でも浅草のある台東区側ではないんです。川向こうになる墨田区側になります。ここも頻繁に出てくる舞台ですが、台東区側とずいぶんと雰囲気が違うんですよ。

── どんな違いがあるんでしょうか?

幾原監督

語弊があるといけませんが、墨田区側はどこか寂しい感じがする。台東区側は船着き場もあってにぎわってるんですが、あちら側はあんまり人がいないんです。置かれている感じというか、その対比がよかった。それと、燕太が練習している後ろの階段を昇ったところに、関東大震災の慰霊碑があるんです。それが印象に残っています。歴史を感じる慰霊碑とモダンなビル。まるで、エアポケットに入ってしまったような感じがしました。隅田川を挟んで存在する異なる趣きを持った景色。そのあたりもぜひ楽しんでもらいたいですね。

4
某ビール会社で一悶着

④某ビール会社のビルで一悶着
④某ビール会社のビルで一悶着

── モダンを象徴する建物として某ビール会社のビルも頻繁に出てきますが、ストーリー上でも重要な舞台になるんでしょうか?

幾原監督

放映されたか、されていないかのビミョウな時期ですねえ(笑)この階段のところで、一稀にとって重要なシーンが繰り広げられますとだけ言っておきましょうか(笑)

帝子さん

ここだけにかぎらず、ロケ地全部で一悶着ありますもんね(笑)

5
浅草寺・雷門前で「ディッシュポーズ」!

⑤浅草寺・雷門前で「ディッシュポーズ」!
⑤浅草寺・雷門前で「ディッシュポーズ」!
⑤浅草寺・雷門前で「ディッシュポーズ」!

── 浅草と言えば浅草寺、浅草寺と言えば雷門。浅草の象徴と言える名所になりますが……。

幾原監督

やっぱり、浅草ならまずはここだろうという感じですね。代表的なビジュアルなんで毎回登場しますし、展開の中でもいろいろと出ます。

帝子さん

この写真を撮影したときは雨だったんですが、それでも大勢の観光客がいっぱい!ここで撮影なんてできるんだろうかって心配になるほど、人がいっぱいいましたね。

── ところで帝子さん、ちょっと気になるんですが、このポーズは?

帝子さん

「ディッシュ」のポーズなんですよ!(笑)サラだから、皿。皿は英語でディッシュ。ダジャレです(笑)

ところで帝子さん、ちょっと気になるんですが、このポーズは?
幾原監督

サラは「アサクササラテレビ」のMCであり、浅草のご当地アイドルという設定なんです。サラが登場するときのポーズが、このディッシュポーズなんですよね。

帝子さん

雷門の前でディッシュポーズ。しかも、サラちゃんのアニメバウンドで!ぜひ『さらざんまい』ファンのみなさんにも、インスタなどの参考にしてもらいたいです。

6
妖怪パワーで東武浅草駅ビルに電光掲示板を設置!?

⑥妖怪パワーで東武浅草駅ビルに電光掲示板を設置!?
⑥妖怪パワーで東武浅草駅ビルに電光掲示板を設置!?
⑥妖怪パワーで東武浅草駅ビルに電光掲示板を設置!?

── 松屋浅草店が入っている東武浅草駅ビル、そしてレトロ感あふれる地下街。ここでも印象的なシーンが繰り広げられそうですが……。

幾原監督

約80年もの歴史ある古いビル。浅草になにもない頃から、このビルはあったと聞いています。古い浅草を象徴するビルの一つですね。たしかに、『さらざんまい』のストーリーでも、このビルと地下街は重要度が高いです。

── 可能なかぎりお話しいただけるとしたら?

幾原監督

後半部分でフィーチャーされることになります。たとえば、そうですねえ……東武浅草駅ビルの前にモグラのキャラクターが写ってますよね。あれは浅草地下街のマスコットで「ちか男くん」というキャラクターなんです。あの「ちか男くん」がカスタマイズされて──!

可能なかぎりお話しいただけるとしたら?
帝子さん

監督、そこまで言って大丈夫なんですか?

幾原監督

やっぱり、まだマズイかな(笑)とにかく、「ちか男くん」は要注意ということで。じつはここを最初にロケしたとき、帝子ちゃんの後ろに見える電光掲示板はなかったんです。

可能なかぎりお話しいただけるとしたら?
帝子さん

えーっ、そうなんですか!? 最初のPVが公開されたとき、動くサラちゃんがちょこっとだけ、あそこに映ってたんですよね。実際に電光掲示板の前に立ったとき、「ああ、ここに映ってたんだ」ってうれしかったんですよ。でもどうしていまは電光掲示板があるんですか?

幾原監督

制作中にホントに電光掲示板が付いちゃった(笑) いつもサラが登場できるように、制作段階では東武浅草駅ビルの正面に電光掲示板を取り付ける予定だったんです。ところが、17年に入ってから改めてロケに行ったら付いていた。それも劇中で想定していた場所にぴったり(笑)びっくりしましたね。運命的というか、もしかしたら妖怪パワーかも(笑)?

── どうしても「ちか男くん」が気になるんですが、地下にはなにがあるんでしょうか? PVでも悠の登場シーンが意味深なんですが……。

どうしても「ちか男くん」が気になるんですが、地下にはなにがあるんでしょうか? PVでも悠の登場シーンが意味深なんですが……。
どうしても「ちか男くん」が気になるんですが、地下にはなにがあるんでしょうか? PVでも悠の登場シーンが意味深なんですが……。
どうしても「ちか男くん」が気になるんですが、地下にはなにがあるんでしょうか? PVでも悠の登場シーンが意味深なんですが……。
幾原監督

たしかに、あの地下にはなにかがある(笑)行ったことのある人はご存知かと思いますが、あそこにはいかにも昭和っぽい、昔ながらの佇まいを残す地下街があるんですよね。しかも、地下と連結している東京メトロ銀座線は、日本で一番古い地下鉄として知られています。そこへと通じる地下の飲食街は、まさに昭和時代にタイムスリップしたかのような錯覚をおぼえます。

7
浅草観光センターでサラちゃんの占いをチェック!

⑦浅草観光センターでサラちゃんの占いをチェック!
⑦浅草観光センターでサラちゃんの占いをチェック!

── ここは『さらざんまい』の劇中でどんなシーンが繰り広げられるのでしょうか?

幾原監督

吾妻サラが登場する重要な舞台になります。アニメでは浅草観光センターにもモニターを付けていて、いつもそこにサラが登場するようになっています。その下で一稀たちが信号待ちしたり、会話したりといろんなことが起こるわけです。

帝子さん

そのとき、モニターの中でサラちゃんが占いをしてるんですよねえ(笑)その占いがまた大事なカギになります。だから、しっかり聞いておいてくださいね(笑)

8
子供たちだけの世界にぴったりの「クジラ公園」

⑧子供たちのだけの世界にぴったりの「クジラ公園」
⑧子供たちのだけの世界にぴったりの「クジラ公園」

── 今回のロケ地めぐりで異質というか、雰囲気がちょっと違う感じがするのがこのクジラ公園です。

幾原監督

これは隅田川のほうから見たクジラ公園ですね。逆にこちら側から川のほうを見ると、某ビール会社のビルや東京スカイツリーを望むことができるんです。ここは第5話で一稀と弟の春河が、あるやり取りをする舞台になっているんですが、子供たちだけの世界にぴったりだと思いましたね。

── 帝子さんにクジラの前に立っていただきましたが、感想はいかがでしたか?

帝子さん

最新のキービジュアルは、キャラクターたちが波に押し出されているようイメージなんです。あの波の形は北斎の絵っぽいのですが、クジラの後ろにある波形もなんか北斎っぽいかなって(笑)でも、かわいくって、おしゃれでしたね。晴れている日に行ってみたかったです(笑)

『さらざんまい』と“つながる”聖地巡礼

『さらざんまい』と“つながる”聖地巡礼
  • 1
    第一弾キービジュアル
  • 2
    吾妻橋
  • 3
    燕太がサッカーをしていた広場
  • 4
    某ビール会社ビル
  • 5
    浅草寺・雷門
  • 6
    東武浅草駅ビル
  • 7
    浅草観光センター
  • 8
    クジラ公園
  • 9
    花やしき
  • 10
    雷5656会館
  • 11
    合羽橋
  • 12
    ケッピがたたずむ交差点
  • 13
    曹源寺
9 以降のスポットは<後編>にてご紹介!

TVアニメ『さらざんまい』

フジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜24:55から放送
アニマックスほか各局でも放送

『さらざんまい』コラボアイテムをチェック!

『さらざんまい』コラボアイテムをチェック! 商品ページはコチラ